免疫細胞を強くする|乳がん検診や日頃の生活習慣の改善で乳がんになる可能性を低くする|がん検診GUIDE

がん検診GUIDE

がん治療に効果のある免疫療法についてご紹介します

免疫細胞が鍵

がんになりやすいかなりにくいかは、身体の免疫細胞の働きが鍵になってきます。はたして、がんになりやすい人となりにくい人にはどのような違いがあるのでしょうか。比較してみましょう。

免疫機能の働きを比較

がんになりにくい人

人間の体内では日々がん細胞が作られています。しかし、そのがん細胞を退治することができる免疫細胞が人間の身体を守ってくれています。免疫細胞の働きが正常な方は、がんになりにくく、風邪も引きにくいのです。

がんになりやすい人

がんになりやすい人は、体内の免疫細胞の働きが弱まってしまっている人です。普段の生活が乱れていたり、ストレスの溜まりやすい環境にいることで免疫細胞が弱まってしまうのです。まずは生活習慣の改善を行い、健康的な生活をおくることで免疫細胞を正常な状態に近づけることができます。

免疫細胞を強くする

ベッド

がんの治療方法

免疫細胞が弱まってしまうことでがん細胞を排除する働きが弱まってしまいます。そのため、がん治療ではこの免疫細胞の働きを回復させて治療を行う免疫療法という治療法を使う場合があります。

免疫療法とがん治療を組み合わせる

免疫療法だけでは、がんを治すことができません。しかし、さまざまながん治療と一緒に免疫療法を行うことで、がんの進行を弱めていくことができるのです。

副作用が少ない

免疫療法は、その他のがん治療と比べると副作用が少ないという特徴があります。しかし、今までとは違った治療方法を行うことになるので、どのタイミングで副作用が出てしまうのかわからない部分もあります。免疫治療を行う場合は、きちんと医師から説明を受けるようにしましょう。

広告募集中